記事一覧

クラブ幸手ってなぁに?

2007.12.30

アイコン

ファイル 1-1.jpg クラブ幸手は、総合型地域スポーツの理念を追求しながら活動することを目標としているクラブです。現在、その理念を模索するために体育指導員や体育協会支部の方々と協議をしておりますが、まず始めに体育協会支部間相互の交流を今まで以上にできる環境作りをと考えております。

 支部では地区民祭を初めとするいろいろな事業を展開しております。今後、そのような事業を広く地区民以外の市民にも門を開き、開放していただけるよう働きかけていけばと考えております。また、幸手市には体育協会、レクリェーション協会、スポーツ少年団などの組織がありスポーツを楽しんでいます。

「クラブ幸手」は、今後このような団体とも協議を重ね、幸手市全体として取り組むことで、より多くのスポーツを楽しむ市民を作ることを目的として立ち上げられたクラブです。

今、どうして総合型地域スポーツクラブなのか?

2007.12.30

アイコン

ファイル 2-1.jpg 現在、我が国では、少子高齢社会の進展、生活環境の利便化に伴う身体活動の不足、コミュニティ感情の希薄化などが指摘されており、21世紀においても活力ある社会を維持していくためには、国民誰もが主体的継続的にスポーツに親しめる環境づくりが急務です。


総合型地域スポーツクラブはこうした時代の要請に応えるものであり、生涯スポーツ社会を実現する上で極めて大きな役割を担うものです。

既存のスポーツ団体との関係は?

2007.12.30

アイコン

ファイル 3-1.jpg 既存のスポーツ団体には、有資格の指導者が登録されています。また、同時にスポーツ行事等に関するノウハウを持っています。クラブ運営を適切に行っていくためにスポーツ団体のこうしたマンパワーやソフトを地域の有用な資源として活用すべきす。
日頃から連携・協力体制を十分とっておくことが大切です。

学校の部活動との関係は?

2007.12.30

アイコン

 学校の運動部活動では、3年間という期限付きで指導方針が決められますが、総合型地域スポーツクラブの場合は、生涯スポーツという長期的な視野にたった指導が基本となります。したがって、有資格指導者から個々の考えや能力・レベルに応じた一貫した指導が受けられます。また、異なるスポーツ種目との関わりが生まれたり、スポーツ少年団など他の団体との連携も深まるなどが考えられます。

また、学校の運動部活動との連携をどのようにとったらよいか?

  • 子どもたちのスポーツ環境を一層充実させるためには、部活動とも連携した総合型地域スポーツクラブが望まれているという観点です。クラブの皆さんは、学校の体育施設に活動の拠点を置くために、単に自分たちの活動の場を借りるという姿勢でなく、地域住民である子どもたちのスポーツ環境を良くするという理念で、学校の運動部活動との連携を考えていきましょう。

学校や運動部活動指導者の皆さんも、現在の運動部活動では補いきれない場合もある子どもたちのスポーツニーズに応えるとともに、完全学校週5日制に伴う子どもたちのスポーツ活動に対する場の提供という観点で、また、開かれた学校づくりの一貫として学校体育施設の共同利用を一層促進するという観点で、総合型地域スポーツクラブとの連携を考えて行きましょう。

スポーツはそもそも各人の自発的意志に基づいて行われる活動です。スポーツクラブは、そうしたスポーツを愛好する人たちが集まり、規約など一定の規約のもとにスポーツ活動を行うとともに、会員相互の親睦を深める社交的な団体と言えます。総合型地域スポーツクラブは、地域の多様な人々が参加し、様々なスポーツ活動を行うことのできるクラブであり、その運営は会費を主要な財源として自主的・主体的に行われるものです。

総合型地域スポーツクラブの育成は、スポーツ振興のみならず、地域における住民意識や連帯感の高揚、世代間の交流、高齢社会のへの対応、地域住民の健康、体力の保持増進、地域の教育力の回復など、21世紀における新たな地域社会の形成にも寄与することが期待されています。

今後、行政との関係はどのように変わる?

2007.12.30

アイコン

ファイル 5-1.jpg これまでのスポーツ施策は、一方的に行政から提供される体育大会やイベント、スポーツ教室の開催などが主でしたが、より一層住民の声を反映した事業が望まれます。地域に根ざした総合型地域スポーツクラブは、「官」と「民」をつなぐ掛け橋として多いに期待されています。

総合型地域スポーツクラブを創設する上で?

2007.12.30

アイコン

なぜ、我がまち、地域に総合型地域スポーツ(コミュニティ)クラブをつくるのか、まち、地域のみんなが誰でも参加できるクラブをつくることによって、まち、地域をどうしたいのか、どうするのかについての理念を共有することが最も重要。

総合型地域スポーツクラブづくりの理念は、地域の実情に応じていろいろな角度から考えられます。例えば、青少年の健全育成、世代間の交流、地域社会の再生、地域スポーツ文化の確立などの中からテーマを選び、しっかりと検討しましょう。

地域住民の皆さんが身近で共感のできる理念を積極的に発信することにより、共同の輪を広げていきましょう。理念のもとに集まった人たちがクラブ設立推進の核となるでしょう。

総合型地域スポーツクラブのメリットはなんですか?

2007.12.30

アイコン

既存の地域スポーツクラブは、ほとんどが単一種目のスポーツクラブであり、会員が固定的、ゲーム中心、拠点施設がないなどの特徴があるといわれています。

総合型地域スポーツ(コミュニティ)クラブは、
1.地域住民が自主的に運営
2.拠点となる施設を持っている
3.複数のスポーツ活動を実地
4.有資格のスポーツ指導者が配置されている
5.青少年から高齢者に至るまで幅広い年齢層が参加
6.地域住民の交流の場がある

などの特徴を持っています。このため、地域住民の健康、体力増進に質するだけでなく、スポーツの潜在人口の掘り起こし、豊かなコミュニティづくりなどに寄与します。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>