記事一覧

クラブ幸手ふれあいフェスティバル2008

2008.11.11

アイコン

クラブ幸手ふれあいフェスティバル2008が11/8開催されました!



年一回のクラブ幸手のフェスティバルで市長、教育長も開会式には挨拶にみえました。また、体育協会支部長の何人かわ競技大会にも参加されていました。またスポ-ツ教室参加者もチームをくんでの参加もみられました。



今年は競技大会(さいかつボ-ル)とニュースポ-ツ(フロアカーリング・スポ-ツ吹き矢)体験として子どもから高齢者まで楽しめる企画を考えました。

ファイル 89-1.jpg
開会式の露払いは先ずハーモニカ演奏
(クラブ幸手内クラブ”フォルテ幸手”はH19年度の10週間開催の事業でできたクラブ)で始まり各挨拶のあと幸手体育指導委員女性部会考案の”タオル体操”が準備運動でした。


グループ別の競技大会は”さいかつボール”(変形ゴムボールで行う5人制バレーボールのようなもの。
ただしレシーブは1回床に弾ませてから、いびつな為予想外の方向にゆく!)を各エリアからのチームや子どものチ-ム又は野菜つくりの教室のチームも・・・優勝カップ、賞状の外野菜つくりの教室からとれたて野菜(ネギ・白菜・キャベツ・大根)の差し入れで大歓声!

ファイル 89-2.jpg  ファイル 89-3.jpg

ファイル 89-4.jpg  ファイル 89-5.jpg

体験教室はフロアカーリング(体育館等室内でできるカーリングでフロッカーには3つの小さなキャスターがついています。なかなかまっすぐ行かない場合が多いので子どもでも、高齢者でも一緒にたのしめます)


またスポーツ吹き矢はH19年度のスポ-ツ吹き矢教室終了後出来た、クラブ幸手内クラブで”流星”と名乗り市内外との交流も図っています。腹式呼吸でメタボ等からだにも良いといわれています。